屋上で育てた大根を収穫し、年中さん(もも)が切干大根を作りました。

スライサーに掛けた細い大根を屋上のゴザに置いたり万能ネットに入れたりして2日干しました。

「こっちはチリチリになってるよ」「こっちはまだ乾いていない」など実際に触ってみて、日の当たり方や大根の置き方で乾燥具合が違うことに気付く子どもたち。

 

袋詰めをして給食室にもっていき次の日、おやつのおにぎりに添えてもらい食べました。

 

大根

大根干し

袋詰め切干大根

食べた年長さん・年少さんから「おいしい!おかわり!」という言葉をもらい、収穫→作る→食べるという過程を体験することができました。3月に行う初めてのクッキングも心待ちにしている様子です。