ジャックと豆の木

 

ジャックと豆の木   福音館書店

 今年は例年の夏まつりのように、保護者の参加行事ではなく子ども達だけの園内行事となります。

毎年絵本のテーマがあり、今年は年長ゆり組が6月から楽しんでいた『ジャックと豆の木』。

園庭にある、のうぜんかづらの蔓を剪定している様子を見ていた子ども達が

「ジャックと豆の木のつるみたい!」という言葉で「じゃあ、積木で豆の木を作ってみよう」というこになりました。

 

 

積んでは崩れたりしながら、何度か積み直して出来上がったのは、天井に届きそうな位の大きな豆の木でした。

上の方には雲や空も作ってあるのが、分かりますか?

 

 

 


 

こちらは、人喰い鬼が住んでいる家。

子ども達の中でイメージを共有しながら、作り上げています。

 年中や年少クラスも同じ絵本を読んで、夏まつりを一緒に楽しんでいきたいと思います。

 

 

手形を使って、つるも作ってみました。

 

 

 

 

 

前の記事

夏野菜

次の記事

七夕